オンラインカジノ

各種ギャンブルの大当たり確率比較と最高金額

各種ギャンブルの大当たり確率比較と最高金額

 

宝くじやパチンコ、競馬。『年末ジャンボ』の風物詩感や、店舗が街角にある日常感から、ギャンブルというよりはエンターテイメントの一つとして受け取っている人も多いのではないでしょうか?

そんなギャンブル、一体いくらぐらい儲かるのか気になりませんか?今回は、その中から人気のギャンブルを比較し、大当たりの確率と金額をまとめてみました。

 

パチンコ

日本のパチンコ業界については、オランダ領キュラソーのオンラインカジノ、Bitcoin casinoによる詳しい考察があります。

 

それによると、パチンコは「どのようなパチンコ台でも演出の有無に関わらず、スタート穴に入った瞬間に抽選が行われ大当たりか否かが確定」するものだそうです。

 

パチンコの大当たりの確率については、「通常時の確率と確率変動時の確率など、パチンコ台の状態によって大当たりする確率が異なるのが特徴です。通常は約300分の1や約150分の1という確率で大当たりの抽選がされていますが、確率変動時は50分の1や30分の1など、とても当たりやすくなります。」とのこと。

 

つまり、パチンコの当選確率は150 – 300分の1で、機種によりますが、1回の大当たりは10万円から20万円が相場のようです。当たりの確率は高めで、投入金額も少額からできてお手頃に遊べるギャンブルだと言えます。

 

宝くじ

宝くじは、少額当選だと300円ほど。しかし一等当選は1億円以上になり、史上最高当選金額は、メガビッグの12億円にも上ります。当選までの手順も、数字を選んだりくじを購入したりして待つだけですが、高額当選は何百万〜1,000万分の1の確率になります。よって、宝くじは一攫千金が狙えるものの、その可能性はかなり低いものです。

 

競馬

競馬は人気の馬ほどオッズが低くなり、結果としてその馬が勝ったとしても配当は低くなるため、高配当をゲットするには人気のない馬に賭ける必要があります。

 

日本競馬史上の最高払戻額は、2015年ヴィクトリアマイルの2070万円です。G1レースで2000万円を超える配当が出たのはこの一戦のみなので、かなり特殊なケースと言えるでしょう。通常であれば100万円を越えれば大きな話題となります。「100万馬券」と言われるものですね。

人気のある組み合わせを選べば当たる確率も高くなる競馬は、高額配当を狙いにくいギャンブルだと言えます。競馬の万馬券が当たる確率は「75 ÷ オッズ = 当たる確率(%)」で計算することができます。

 

まとめ

日本でできるギャンブルはこれ以外にも競輪やボートなど、多くあります。近年ではオンラインカジノも知名度をあげていますね。ライフスタイルや興味に合わせて色々なものが楽しめるので、簡単に遊べるものをチェックするのもいいかもしれません。