オンラインカジノ

競馬の歴史について知ろう

競馬の歴史について知ろう

「紳士のスポーツ」と呼ばれ、イギリスから渡ってきて日本で今も根強い人気を誇る競馬。最近ではウマ娘がアイドル的な人気でファンを集めていますね。そして、あまり知られていませんが、毎年12月に開催される有馬記念は、世界一馬券が売れるレースなんです。

競馬の発祥

馬は昔から人の生活と深く関わりのある動物です。その馬の速さを競い合うということは当然かなり昔から行われており、競馬の起源は12世紀のイギリスにあるとされます。

しかし日本で今も親しまれているような近代競馬は、1540年にその歴史を遡ることができます。この年、世界初となる競馬場のチェスター競馬場が建設され、近代競馬の1ページが開かれたのです。

日本への到来

日本に近代競馬が紹介されたのは江戸時代末期になります。この時代、西欧諸外国から開国を迫られ、江戸幕府は全国各地の港に外国人居留地ができました。その中の一つ、横浜の港で1860年に競馬が行われました。競馬は人気を博し、1862年には居留区の海岸を埋め立てて競技場が建設されました。

その後も順調に全国に広まって行った競馬人気ですが、やがて第一次世界戦争が終わると、政府は戦後の赤字財政の好転と、軍馬の育成の必要に迫られ、1923年に旧競馬法が成立します。そこで馬券の販売が許可され、一気に競馬場の建設が加速しました。しかし戦時中は賭博禁止の流れが起こり、1943年には、馬券の販売は一時禁止されました。

敗戦をむかえると、日本競馬会による公認の競馬が再開されましたが、それもGHQによって解体。新たな法整備のもと競技が行われ、1954年に日本中央競馬会が主催する今の中央競馬がスタートしました。

ネットカジノでのライブ競馬の広がり

日本競馬の人気は一時期より落ち着いてはきていますが、一方で最近人気が広がりつつあるのがネットカジノでのライブ競馬ベッティングです。

オンラインの利点を生かし、アジア、オーストラリア、ヨーロッパなど世界中の競馬場での競技に賭けることができるネットカジノ。さまざまな競走馬、スタンダードブレッドホースやグレイハウンドがいるので、飽きることがありません。

まとめ

これほど長い歴史を持ち、今も人を熱狂させ続ける競馬。進化をし続け、オンラインで自由に賭けを楽しめる時代となりました。海外の雰囲気も楽しめるライブ競馬ベッティングを一度お楽しみください。