ニュース

ドージコイン(DOGE)が大幅高に?イーロン・マスクTwitter買収後の影響は?

ドージコイン(DOGE)が大幅高に?イーロン・マスクTwitter買収後の影響は?

何かとお騒がせな億万長者、イーロン・マスク氏がTwitterを買収して数か月が経とうとしています。Twitterは日本での利用者も多く、注目度が高いニュースとして国内でも取り上げられていたので、Twitterを使っていない人でもこの手のニュースを見た人は多いのではないでしょうか。

今日は、イーロン・マスク氏が買収した後のTwitterについてご紹介していきますが、イーロン・マスク氏がどんな人物か、Twitterの成り立ちなどについても触れていきたいと思います。

未来を予測するには現在と過去を知ってこそ。なぜ、仮想通貨ドージコインにまで影響が及んだのかも合わせてみていきましょう!

イーロン・マスクとは?

イーロン・マスク氏は、おそらくテスラとスペースXのCEOとしての顔が一番有名ですが、それ以外にも目を見張る経歴をもっています。

南アフリカで18歳まで暮らし、その後母親の生まれであるカナダに移住。カナダの大学を卒業した後、奨学金生としてアメリカに移り住み、自身の得意とするプログラミングでシティガイドのアプリケーションや、PayPalの元となる電子決済システムを開発、同社の共同設立者にもなっています。

現在、世界長者番付では並みいる常連を退け、一位に座しており、2022年現在で2000億米ドル以上の資産を保有していると言われています。

Twitterとは?

2006年にサービスを開始した、ウェブ投稿サービスです。SNSの一つとして有名ですが、Twitter社自身は「社会的な要素を備えたコミュニケーションネットワーク」として、より広義のコミュニケーションの場としてサービスを提供しています。

現在では、1日に5億回ツイートされるほどの巨大なプラットフォームとなっており、過去にTwitter Japanの社長も「ネットワークサービスではなく今起きていることを知る場、ニュースメディアに近い場とわれわれ自身は考えている」とコメントしています。

「ツイート」と呼ばれる140字での日々のつぶやきを画像や動画などとも共に投稿でき、InstagramやFacebookよりも即時性が高いSNSとして有名です。

マスクのTwitter買収

今年4月にTwitter社の筆頭株主となったマスク氏は、その後全株式買収の提案をTwitter社から受けます。その額、なんと日本円で5兆6000億・・・!!!

しかし、その後、マスク氏が買収に際して提示していた条件に対してTwitter社が内容を違えており、買収破棄もありうると主張。最終的には買収にいたりましたが、この一件を理由に就任直後に取締役9人を解雇するという事態にいたりました。

Twitterの今後は?

マスク氏の買収にあたり、彼のパブリックカンパニーになったことで会社内の大変革が起こっていますが、我々外部からのTwitter社への印象もかなり変わったと思います。特にマスク氏の言動や投稿の一挙手一投足が様々なところに影響を及ぼしています。

Twitter サービス

「週40時間労働を課す」という、日本人にとってはなんとも普通な、ただ海外では重労働を課すとして報道され、大改革の最中のTwitter社。

一方で、サービス内にいるスパムアカウントの数を誤って報告したり、国によって偏向的なタイムラインや広告を流していると噂のあった点に関して、資本主義の最先端に生きるマスク氏の買収はサービス向上に一役買うのではないかという見立てが一定数あるようです。

株価

買収までは不安定な状態が続きましたが、買収が決まって以降は年初めの株価に回復しています。今年3月にはそれまで28000円台だった株価が2000円以上を下回る大下落を見せましたが、現在では28000円台まで株価を戻しています。この数字からもマスク氏買収は市場から好意的に見られているといってよいでしょう。

ドージコイン

もう一つ面白いのが、仮想通貨であるドージコインの傾向でしょう。2021年には時価総額全体4位になったほどのメジャーな仮想通貨で、時計のタグ・ホイヤーや高級ブランドのグッチで決済できることでも有名です。

現在、テスラでドージコインでの決済が導入されていることにより、マスク氏の言動がドージコインの時価に大きな影響を及ぼすとして注目を集めており、今回のTwitter買収は5億と言われるユーザーに多大な影響を及ぼすため、Twitterの先行きがドージコインの時価に比例するのではとして市場から注目を集めています。

最後に

いかがだったでしょうか?一時はマスク氏のTwitter買収の一連の流れで『サービスが終了するかも!?』なんて言われていましたが、今のところマスク氏自体もTwitterでいろんなツイートをして自身も楽しんでいるように見えるので、当分Twitterがなくなることはないでしょう。

稀代の億万長者がこれからどのような形でこのSNSで世に影響を与えていくか楽しみですね!