アナウンサー

アパマンショップにスプレー缶があるのはなぜ?従業員が語る闇とは…

北海道札幌市で起きた大爆発。
不動産仲介会社、アパマンショップが一瞬にして粉々に…。

あれだけの爆発にも関わらず、亡くなった方が一人も出なかったのは不幸中の幸いですよね。
報道によると爆発の原因は、従業員が消臭スプレー100本以上を廃棄処理していたことと判明しました。

ここで疑問になるのは、アパマンショップに100本以上の消臭スプレーが未使用のまま残っていたこと。
話によると、アパマンショップには、毎月30本以上の消臭スプレーが納入されていたとのこと。

少し多いように感じるのではないでしょうか?
そもそも、不動産仲介会社がここまでスプレー缶を所持していることが謎…

ということで今回は、アパマンショップがスプレー缶を使う理由についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク





スプレー缶100本で大爆発!アパマンショップの被害状況は?

12月16日の夜、北海道札幌市の不動産仲介会社、アパマンショップで爆発がありました。
爆発が起こった原因は、従業員が100本以上のスプレー缶(消臭スプレー)を室内で撒いていたため。

爆発までの数分間の間に客が避難し、大惨事は免れたものの、店は木っ端微塵…。
被害状況がこちらとなります。

吹っ飛び過ぎ!
ブログ運営者もテレビを見ていたら「ニュース速報」で出てきてビックリしましたよ!
とうとう日本でもヤバいことが起こっているのかと!

そしたら、従業員が100本以上のスプレー缶を撒いていたなんて…
スプレー缶100本以上で建物一つ吹っ飛ばすとは、恐ろしいですね。

そもそも、スプレー缶100本以上あったことに疑問を持った人は私だけではないはず。
しかも残っていたスプレー缶のほとんどが未使用だったといいます。

これはなんだか闇がありそう…

スポンサーリンク





アパマンショップがスプレー缶を使う理由

スプレー缶、爆発アパマンショップがスプレー缶を使う理由について、元従業員がこのように話していました。

元従業員「会社では、スプレー缶ビジネスというものがあった。1本撒くのに大体9千円〜1万円。
毎月、スプレー缶だけで30万円ほどの売り上げがあった。」

不動産業界ではこの手のやり方は珍しくないと言います。
アパマンショップ利用者の話によると、

「初期費用として、ホームセンターで3千円程で買える消火器を1万円近い値段で設置される。
さらに、部屋の消臭もセットで買わされる。合計で2万円くらい取られる。」

自分でやれば安く済むのに初期費用が高い!w
一応、消臭サービスなどは任意だそう。

しかし、自分から断らない限りは自動でサービスを受けることになると言います。

スポンサーリンク





消臭サービスの実態。余った100本の闇…

スプレー缶、爆発
なぜ会社には100本以上のスプレー缶が残ってしまったのか?
客に消臭サービスを断られたから?

いいえ、違います。
調査によって消臭サービスの実態が明らかになりました。

消臭サービスは従業員が客の自宅に行き消臭スプレーを撒くというサービス。
原則、客は立ち入らないそうです。

客が立ち入らないことをいいことに、従業員は消臭スプレーを撒かずに、
お金だけを貰っているということが明らかになりました。

こうして、店に未使用のスプレー缶が溜まっていきます。

そして、従業員は上からの指示でスプレー缶を「廃棄処理」という名目でガス抜き。
間違ったガス抜きによって会社を吹っ飛ばすという、自業自得とも言える爆発を起こしてしまうのでした。

会社側は、消臭スプレーを使用していない事実を認めており、批判が殺到しています。
また、このような手口から、スプレー缶のガス抜きは「証拠を消すための行為だったのではないか」
とも言われています。

手口もばれ、会社も粉々…散々ですね。

って感じです。ええ。

まとめ

今回は札幌で起きたスプレー缶爆発の件についてまとめていきました。

今回の事件のおかげで、

  • スプレー缶の処理の仕方には気をつける
  • 不動産を買うときの初期費用には気をつける

ということが学べましたw
皆様も、スプレー缶の処理の仕方には十分気をつけていきましょう!

スポンサーリンク