ゲーム

知っておきたい「ファイナルファンタジー」の6つの驚くべき事実

「ファイナルファンタジー」がゲーム業界の中でも人気の高いゲームの一つであることに疑いの余地はありません。実際のところ、ゲーマーではない人でも、「ファイナルファンタジー」が何であるかを知っています。また、「ファイナルファンタジーシリーズ」は、Microsoft Windows、iOS、ゲーム機本体など、複数のプラットフォームで提供されています。

長い歴史と人気を誇るこのフランチャイズでは、多くのスピンオフ作品や独立したシリーズが発売されています。また、インタラクティブなゲーム性、多彩なキャラクター、興味を誘うストーリーなどから、多くの人に愛されています。

なぜこのゲームが最高のRPGゲームの一つであるのか不思議でしょうか?なぜなら、それはキャラクターやロケーションに至るまで、歴史や神話、さらにはポップカルチャーからインスピレーションを受けているからです。「ファイナルファンタジー」をより深く学ぶために、知っておくべき興味深い事実をご紹介します。

各シリーズ内でのシド

「ファイナルファンタジーシリーズ」には、初代を除くすべてのシリーズに「シド」というキャラクターが登場します。「シド」はゲームのトレードマーク的なキャラクターの一人としても認識されています。しかし、彼はほとんどの場合、ノンプレイヤーキャラクターか敵役となります。

カルト的な人気

日本ではカルト的な人気を誇る「ファイナルファンタジー2」の皇帝マテウス。天国と地獄を支配した人気ヴィランの一人です。誰もがセフィロスだと思っていました!マテウス皇帝の存在感には、セフィロスにはない何かがあるように思います。

隠れたサブクエスト

ありえないと思われるかもしれませんが、「ファイナルファンタジーIX」にはサブクエストがあります。それは、日本で独占的に発売されてから13年後に偶然発見されたものです。このサブクエストを発見したファンは、「ただ退屈だったので、ゲームの戦略ガイドを読んでいた」と語っています。プレイするには、最後のダンジョンのどれか一つから始めて、最後の出口を探し、ネロの兄弟に話しかける必要があります。

バトルシステム

このゲームのバトルシステムは、アメリカンフットボールをモチーフにしています。「ファイナルファンタジー」のバトルシステムを設計した伊藤裕之氏は、このプロジェクトを担当するまで、ロールプレイングゲームをプレイしたことがなかったことを明かしています。2つのチームが交代でオフェンスを担当するのも、そのためです。

秘密のパズル

世に流れている噂は本当で、このゲームでは秘密のパズルが遊べるようになっています。AボタンとBボタンを55回押して船に乗れば、秘密のパズルのミニゲームが始まります。パズルを完成させるごとに100ギルがもらえて、武器の購入やアーマーのアップグレードに使えます。

象徴的なメロディ

「ファイナルファンタジーシリーズ」には、それぞれおなじみの曲があります。しかし、この曲が10分足らずで作られたことが明らかになるまで、誰もそのタイトルを知りませんでした。「クリスタルのテーマ曲」または「プレリュード」は植松伸夫氏が作曲しました。面白いのは、ゲームの生みの親である坂口博信氏が「もう1曲」とスタジオに押しかけてきたときに、植松氏がこの曲を作ったということです。

ここに挙げたのは、「ファイナルファンタジーシリーズ」にまつわる驚くべき事実のほんの一部です。もしかしたら、このリストに追加すべき面白い事実が他にもあるかもしれません。後先考えずに、あなたの最高のRPGゲームのリストにファイナルファンタジーを加えてください。