ゲーム

モンスターハンター:ワールドに登場する5体の手強いモンスター

 

人々がビデオゲームを好んでプレイするのは、数え切れないほどの時間を楽しく過ごせるからです。テレビゲームは数多くありますが、その中でも突出しているものがあります。その一つが、カプコンのモンスターハンターシリーズです。

 

「モンスターハンター」をプレイすると、異世界を探検したり、ミッションをこなしたりすることができます。タイトルの通り、このゲームでプレイヤーは文明を脅かすほどの強大なモンスターと戦うことになります。

 

モンスターハンターシリーズには数多くの作品がありますが、その中でも特に注目されているのが「モンスターハンター:ワールド」です。このゲームには、「モンスターハンター:ワールド」の拡張版である「アイスボーン」が搭載されており、プレイヤーはゲームプレイのレベルアップを図ることができます。

 

このゲームでは、プレイヤーは巨大なモンスターに遭遇していきます。スリル満点のゲームだからこそ、どんなモンスターが出てくるのかを知っておきたいものです。ここでは、プレイヤーが倒すべき強大なモンスターをご紹介します。

リオレウス希少種

「モンスターハンター:ワールド」では、プレイヤーが倒すべき最も手強いモンスターの一体として、「リオレウス希少種」が挙げられます。リオレウス希少種は、リオレウスの中でも最も凶暴で、危険で、希少なモンスターです。このモンスターは、体にほとんど弱点がないため、倒すのが難しいのです。

 

その甲殻も素晴らしく、より一層の恐怖感を与えます。一見無敵のように見えますが、雷と水に弱いです。

悉くを殲ぼすネルギガンテ

「悉くを殲ぼすネルギガンテ」は、「ネルギガンテ」というモンスターの中でも最も厄介な亜種です。ネルギガンテは、すばやく、棘に覆われていて、危険なモンスターです。このモンスターは「大蟻塚の荒地」や「龍結晶の地」で開催される他の戦いでランダムに現れるので厄介です。

 

このモンスターの攻撃から生き残るためには、「ドッジ」が最善の方法です。雷や竜のスキルを覚えておくと、このモンスターに効果的です。

テオ・テスカトル

「テオ・テスカトル」は「大蟻塚の荒地」、「導きの地」、「龍結晶の地」で見られる古龍種です。このモンスターは、最も倒すのが難しいモンスターの一種として知られています。その理由は、このモンスターが戦闘中に炎を巻き上げたり、爆発物を使ったりするからです。

 

このモンスターの攻撃から生き残るためには、プレイヤーは「熱ダメージ無効」で身を守る必要があります。また、頭はこのモンスターの弱点の一つなので、頭を狙うことをお勧めします。

ベリオロス

「ベリオロス」は氷牙竜の一種で、ひとたび戦いに巻き込まれると致命的なダメージを受けます。巨大で動きが速く、大きなダメージを与えることで知られています。このモンスターを倒すには、火や雷を使った攻撃に精通していなければなりません。

エンシェント・レーシェン

「エンシェント・レーシェン」は、「古代樹の森」に生息する恐ろしいモンスターです。このモンスターの特徴は、長く鋭い爪で大きなダメージを与えられることです。

 

このモンスターは一人ではなかなか倒せないので、仲間とともに戦うことをお勧めします。また、このモンスターの頭上にある岩を片付けてから戦闘を開始することもできます。

 

これらのモンスターは、『モンスターハンター:ワールド』の拡張版や本編をプレイする際にプレイヤーが遭遇する恐ろしいモンスターのほんの一部でしかありません。プレイヤーは、巨大なモンスターの世界を探検し、自分のスキルを試しながら、このゲームを楽しくプレイすることができます!