ニュース

最新の競馬を紹介

最新の競馬を紹介

日本で人気を博している競馬レース。日本では古くから競馬はギャンブルとして親しまれており、休日になると多くの人が競馬場に足を運びます。

そして最近では、インターネットを利用して競馬賭博を楽しむことが一般的になってきました。ネットベッティングを利用すればより幅広く競馬を楽しむことができます。

そこで今回は、注目の競走馬が登場する今後賭けるべき日本の注目レースを紹介します。今、賭けることができるレースを早い段階からチェックしておきましょう。

東京優駿(日本ダービー)

東京優駿(日本ダービー)は、3歳馬の王者を決めるG1レースで、日本を代表する人気レースのひとつです。騎手にとって憧れのレースといっても過言ではないでしょう。東京優駿を制することは最高の栄誉と言われており、「競馬の祭典」と呼ぶ人もたくさんいます。

また、正式名称は「東京優駿」だが、一般的には「日本ダービー」と呼ばれることが多いのが特徴です。

日本ダービーは毎年5月末に開催され、3歳馬に限定される。東京競馬場の芝2,400mで行われています。

 

宝塚記念

宝塚記念は、有馬記念と並ぶドリームレースで、上半期の集大成として6月下旬に開催されています。

宝塚記念は芝2,200mで行われるのが特徴です。

宝塚記念は上半期のグランプリレースであり、ファン投票が行われます。ファン投票で出走馬を決めるドリームレースの夏バージョンということで、一部では「サマーグランプリ」とも呼ばれています。

 

秋華賞

毎年10月に開催される競馬レースです。1996年に創設され、3歳牝馬の最終戦として開催されています。

創設前は桜花賞、オークス、エリザベス女王杯が三冠レースでしたが、4歳以上の牝馬によるG1レースを創設するために、エリザベス女王杯の出走資格を3歳以上の牝馬に変更しました。その結果、3歳牝馬の三冠最終戦として、秋華賞が新設されたのです。

秋華賞の距離は芝2000mで、京都競馬場の内回りコースで行われています。

 

マイルチャンピオンシップ

マイルチャンピオンシップは、日本中央競馬会(JRAが京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)のことを指します。

1984年に新設されたGI競走で、春に行われる安田記念とともにマイル(1600m)のチャンピオン決定戦として位置づけられています。

1984年にグレード制が導入された際に競走体系を見直し、短距離競走の充実を図る目的で創設されました。。出走馬は短距離の実績馬のほか、クラシック路線を歩んできた3歳馬や天皇賞(秋)の出走馬がここへ出走する例もみられ、多彩なメンバーがそろうレースとされています。

 

上記で紹介しているレース以外にも、ジャパンカップ、阪神ジュベナイルフィリーズ、朝日杯フューチュリティステークス、有馬記念(グランプリ)など、日本では多くの競馬が開催されています。開催カレンダーをチェックして、賭けをするのを忘れないようにしましょう。