お笑い芸人

【迷惑演説】桂秀光の過去の発言もヤバかった!経歴や選挙結果は?

11月15日、茅ヶ崎市長選挙に立候補した桂 秀光氏が高校の前で演説し、話題になっています。

演説もかなりの大音量だったそうでTwitterでは授業を受けていた
生徒達の苦情ツイートが出回っていました。

熱い想いからなのか、極端な思想からくる発言もあったそうです。

ということで今回は、茅ヶ崎市長選挙に立候補した、
桂 秀光さんの演説内容や発言についてまとめていきたいと思います。

合わせて経歴や選挙結果についても紹介していきます!

スポンサーリンク





桂秀光、茅ヶ崎高校前で迷惑演説

事の発端となったのは、桂秀光氏の演説。

まずはこちらをご覧ください↓

かなりの大音量ですね…

止めに入った先生に対し、「選挙妨害で訴える」
と発言。

これは止めざるを得ない状況でしたけどね。

生徒達の声を見てみましょう。

「迷惑」
「桂秀光が市長になったら引っ越す」

などの意見が見られました。

選挙権も20歳から18歳へと引き下がり、
高校生でも選挙に関わることができるようになった今、

桂秀光さんは高校生にも政治について知ってほしい!

という考えがあったのでしょうが、生徒達のツイートを見る限り
今回の演説は高校生達を選挙離れさせる結果となってしまったのではないでしょうか。

スポンサーリンク





桂秀光、他の場所でも迷惑演説か

今回話題となっているのは茅ヶ崎高等学校前での演説ですが、
他の場所でも迷惑演説をしているとの情報もありました。

駅前での演説。

よく駅前で演説している人はいますが、
桂秀光さんの演説はやや音量が大きいようですね。

たとえ、言いことを言っていたとしても
赤ちゃんを起こしてしまい、母親達の反感を食らったら
選挙結果に悪い影響が出そうですしね…

また、幼稚園や中学、高校の近くでも演説していたそう。

やはり音量が大きいですね。

ちなみに茅ヶ崎高校前で行われた演説時、授業は3時間目だったそう。

バリバリの授業中ですね。

学生達がいる場ですから、時間帯をもう少し
考えた方がより演説が伝わったのかもしれませんね。

公職選挙法に違反していないの?

公職選挙法を見て見ると気になる条約が。

第百四十条の二何人も、選挙運動のため、連呼行為をすることができない。ただし、演説会場及び街頭演説(演説を含む。)の場所においてする場合並びに午前八時から午後八時までの間に限り、次条の規定により選挙運動のために使用される自動車又は船舶の上においてする場合は、この限りでない。

引用元:電子政府の総合窓口

連呼はしていないのでセーフだと思いますが、今後も演説する場合
もしかしたらアウトになる可能性も…?

桂秀光、迷惑演説についてのインタビュー受け答え

話題となったのは高校前での演説だけではなく、
朝の情報番組、「スッキリ」でおなじみ阿部リポーターからインタビューされた際の受け答えが
話題となっています。

こちらをご覧ください↓

桂さんの意見をまとめると

  • 授業中に演説したのは生徒みんながいる場で話さなければならないと思ったから
  • 賛成意見も反対意見もあるが、番組が反対意見だけを汲み取って報道するのはおかしい
  • 高校生に正しいことを伝えなければ間違った投票をする

ということでしたね。

このインタビュー動画でさらに批判が相次ぎましたが、
ツイッターを見て見ると賛成意見も見られました。

桂さんが言っていることはあながち間違っていないのかもしれませんね。

しかし、もう少し時間帯を考えるべきかと。

そもそも、選挙権を持っているのは高校3年生。

高校3年生はすでに部活を引退している生徒も多く、学校が終われば
下校するので放課後に演説する方が効果的だったかもしれませんね!

スポンサーリンク





桂秀光の選挙結果は?

騒動があった数日後の11月19日、桂秀光さんが立候補した「茅ヶ崎市長選」の結果が
公表されました。

結果はこの通り↓

1位、2位の肩と比べると圧倒的大差での落選。

ちなみに6千票のほとんどは面白半分での投票だったそう。

落選とはなりましたが、今回の騒動で若者が選挙に興味を示したとなれば
桂さんにとって願ったり叶ったりの結果なのではないでしょうか。

桂秀光の経歴は?

調べてみると桂秀光さんは

  • 博士(農学・東京農工大学)
  • インド・コインバットゥール工科大学(防衛工科大学)・客員講師

という経歴。

なんだか凄そうw
大学の講師もしているそうですね。

ということは生徒に対しても日常的に演説しているのでしょうか。

スポンサーリンク





桂秀光の過去の発言は?

桂秀光さんの演説を聞いていると、表現が少し
ストレートすぎるなぁと思ってしまいました。

過去の発言を見て見ると昔からそのような傾向にありました。

調べて見ると
「ヤブ医者しかいない茅ヶ崎に医科大学を設立!」

というストレートすぎる発言も。

しかし、真面目な発言も見られました。

これまでの発言を見る限り、桂さんは若者が選挙に対してもっと参加するよう
呼びかけているように思えます。

若者の未来のこともしっかり考えている方のようです。

まとめ

今回は桂秀光さんの迷惑演説についてまとめていきました。

桂秀光さんは間違ったことを言っているというわけではないようですが、
演説する場所、時間帯をもう少し考えるべきなのかなぁと個人的に思いました。

若者のことを考えて選挙活動をしているので、
来年はもう少し伝え方を変えてリベンジして欲しいですね!

スポンサーリンク