タレント

ラブリはA子にハメられた?わいせつ文春報道の真実とは

ラブリ、わいせつ、A子

男女ともに人気のあるタレント、ラブリさん。
突然のわいせつ報道に世間が注目しています。

事の発端は被害者であるA子さんが週刊文春に告発したことからですが、ラブリさんはハメられたという発言をしています。

ラブリさんはSNSでも意味深な投稿をしており、今回の報道はA子さんが意図的に起こしたものではないかという声もSNSで上がっています。

ということで今回はラブリさんとA子さんの話を紐解いていきたいと思います!



スポンサーリンク


ラブリのA子さんわいせつ報道の内容

ラブリさんのわいせつ報道がこちら。

大手IT企業で働いていた20代後半のA子さんは、ラブリが関わるプロジェクトの責任者に就任。親睦を深めるため、2019年5月、和歌山県白浜町に計5人で旅行することになった。宿泊先のホテルで飲み会をした後の午前4時半頃、先に部屋に戻って寝ていたA子さんをラブリが襲ったという。A子さんが振り返る。

引用元:週刊文春

これは直近の出来事ではなく、2019年の5月ごろに起きた話だといいます。

ラブリのわいせつ被害者A子さんは誰?

週刊文春をもとにA子さんの情報をまとめるとこうです。

・大手IT企業勤務
・20代後半
・ラブリさん関係のプロジェクト責任者

ということがわかっています。
ラブリさんと元から友人関係にあったかは定かではありませんが、2019年の5月に親睦を深めるために旅行に行っています。

旅行にいくくらいですから、元からある程度は知っていた仲だったのではないでしょうか。

A子さんがホテルで襲われる

宿泊先のホテルで飲み会を終えた後、先にホテルに戻っていたA子さんがラブリさんに襲われたといいます。

午前4時半ごろから6時半までの2時間まで行為は及んだそう。
A子さんは抵抗するもラブリさんの力に及ばず、されるがままだったそうです。

A子さんはラブリさんよりも小柄だったそう。
お酒を飲んだ後ですし、寝ている最中なので力が出ないのも当然ですよね…

A子さんが被害届を提出

2019年5月に被害にあったAさんは同年8月に被害届を提出。

被害届を出すまでに3ヶ月かかっています。
というのも、A子さんは最初は我慢していたそうですが、ラブリさんに襲われたことがショックで心身ともに疲弊したことから、遅れて被害届を提出しました。

この件でラブリさんは書類送検され、現在も捜査が続いていますが、所属事務所によると「事件性はない」とのこと。

ラブリさんが起訴されるか不起訴で終わるかはまだ不明なようです。



スポンサーリンク


ラブリはA子さんにハメられた?

ラブリさんのわいせつ報道が注目されているのは単にタレントがわいせつ事件を起こしたからではなく、ラブリさんがA子さんにはめられたと発言しているからでもあります。

ラブリさんはこのA子さんとの件を匂わすかのような意味深メッセージをSNSを通じて発信していました。

ラブリさんの投稿をみてみましょう。

卑怯な手を使ってまで相手の社会を壊すことを私はしない。

2020年3月に投稿されたものです。

こちら全文です。

卑怯な手を使ってまで相手の社会を壊すことを私はしない。他人の社会とその後ろにある大切にしてきたものを壊してまで満たされたい自己の感情に純粋な言葉は見つからない。あなたが壊そうとしているもの、それは私が純粋に向き合い大切にしてきた場所だ。卑怯な手を使って壊した以上、何と言おうと以降の言葉のどこにも信じれるものはない。何と言われようと私は自分を信じていい。分かり合えない.ということを前提にして誰かと分かり合おうとしない限り、誰かと分かり合うことは難しい。生きる目的を見失い目的が相手が不幸になることになったとしたのであればその先に自身への希望はなく、自身への恐怖に包まれる。

この文を見る限り、ラブリさんを陥れようとする人物がいるようです。
2020年3月という時期からして文春に告発したA子さんに向けて書いたメッセージとも取れます。
だとするとラブリさんとA子さんの間には確執があり、ラブリさんがいう通り、ハメられた可能性もありそうです。



スポンサーリンク


ラブリはA子にハメられた?わいせつ文春報道の真実とはのまとめ

ラブリさんとA子さんの間には確かに行為があり、完全にA子さんが被害者のような形で報道されていますが、ラブリさんの発言をみるとハメられた可能性も出てきました。

ひとつ気になるのはA子さんが被害届を提出しただけに終わらず、文春に告発したという点です。

このご時世、文春に大きく報道されると芸能人生活が厳しくなるというのはA子さんもわかるかと思います。それを知った上で文春に告発するという行為は事件の恨みなのか、はたまた最初から計画していたものなのか…。

この先の展開に注目ですね…!



スポンサーリンク