ゲーム

人々を魅了し続ける「キング」の正体

何世紀にもわたり、世界の人々を魅了してやまない「キング」と呼ばれるモノが存在するのをご存知ですか。現代においても、このキングの魅力に高額のお金を使うVIPの方々が世界中にいるんです。

「キング」の正体、気になりますよね?そのキングの正体とは、カジノの王様と呼ばれる『バカラ』です。バカラは、カジノでプレイできるトランプを使ったゲームのひとつです。なーんだと思わないでください。せっかくここまで読んでいただいたので、ここからはバカラについて解説させていただきます。プレイ方法やルールを覚えていただければ、あなたの人生にちょっぴりエッセンスが加わるはずです。

バカラとは

バカラは、テーブルを囲んでディーラーとプレイヤーに分かれてゲームを進行する「テーブルゲーム」と呼ばれるジャンルに分類されます。ただし、バカラは他のテーブルゲームと違ってディーラーとプレイヤーが直接対決するゲームではありません。では、どうやってプレイするのでしょうか?

バカラの遊び方

あなたは、「バンカー」と「プレイヤー」と呼ばれる2人のうち、どちらが勝つかを予想します。簡単に言えば、競馬のような感じでしょうか。予想が的中すれば配当を獲得できますし、予想が外れてしまえば賭け金を没収されます。どちらが勝利するのかを予想する、とてもシンプルなゲームです。このバカラ、は”運”を競い合うゲームであり、だからこそ世界中で高い人気を誇っているのかもしれませんね。

バカラの歴史

ここで少し、バカラの歴史を振り返ってみましょう。バカラが最初に文献に登場したのは、今からおおよそ700年前。もちろん「文献に登場したのが」であって、それ以前からバカラが存在したであろうことは大いに予想できます。当時はトランプが1枚1枚手書きの時代でしたから、ヨーロッパの発祥だと言われています。その時代のバカラは上流階級でのみ嗜まれていたのですが、印刷技術の発達に伴い、トランプが広まっていくと共にバカラ自体も高貴なゲームから大衆に親しまれるものとなりました。1900年代初頭にはギャンブル目的のカジノゲームとして「バカラ」が認知されているとした文献や記事が残っています。

そこから50年ほど経つと南米で考え出されたルールが主流となり、世界中のほとんどのカジノでシンプルかつ高配当が狙えるゲームとしてバカラがプレイされるようになりました。そして時代は移り、現在ではカジノを楽しむ空間がオンラインへも拡大しています。もちろんオンライン上へと移ったカジノ空間でも、バカラの人気は衰えることを知りません。こちらのビットカジノでも、ビットバカラが絶大な人気を誇っています。ジャパニーズテーブルも人気のひとつです。

バカラでのカードの読み方

数字の1~9のカードは数字の通りに計算し、10、J、Q、 Kの10を含めた絵柄のカードは全て0点と計算します。バカラでは10の位を切り捨てますので、一番強い点数は9点ということになります。例えば、5と7のカードを引いたとしましょう。合計は12になりますが、10の位は切り捨てるので、「2点」ということになります。

ベット方法

基本は「バンカー」か「プレイヤー」にベットしますが、その他に「タイ(引き分け)」「ペア」「ビッグ/スモール」とベットすることもできます。複数にベットすることが可能なので、楽しみ方が増えていくことになります。また「タイ(引き分け)」や「ペア」は、配当の倍率が高く設定されているので大金を狙える楽しみがあります。「バンカー」か「プレイヤー」にベットして引き分けとなった場合には、配当が0となりベットした分は全て返却されます(プッシュ)。

最後に

最後まで本記事を読んでいただき、ありがとうございます。バカラについての基本的な知識はご理解いただけたことと思います。この知識は、もうあなたの人生を彩る「エッセンス」になりました。これをどう使うかはあなた次第です。もし、興味が湧いていらっしゃったのならビットバカラで”運”を試してみるのもよろしいかと思いますよ。