お笑い芸人

サンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)のプロフィールや芸歴【まとめ】

サンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)のプロフィールや芸歴【まとめ】

今やお茶の間でもお馴染みのお笑いコンビ「サンドウィッチマン」は、2007年のM-1グランプリで優勝、2008年のキングオブコントで準優勝の実績を誇る実力派です。今回は、そんなサンドウィッチマンのプロフィールや魅力などについて紹介します。

サンドウィッチマンのコンビ名の由来は?

サンドウィッチマンのコンビ名の由来は、「数字の3とかけた」というものです。今から考えると少し意味が分かりませんが、実はサンドウィッチマンは元々コンビではなくトリオだったんです。

それも最初に伊達さんと富沢さんの二人で活動していたところへ「浜田ツトム」という方が加わり、「二人から三人になった」ということで3とかけた名前にしたのですね。ふくよかな体型の伊達さんと富沢さんに、痩せ型の浜田さんが挟まれる構図がサンドウィッチのようだったというのも理由の一つのようです。

しかし、浜田さんは僅か一年で脱退。元々「親不孝」「銭と拳」などのコンビ名があった二人ですが、浜田さん脱退後もサンドウィッチマンを名乗り続けています。

伊達みきおのプロフィール

  • 名前:伊達みきお(だてみきお)
  • 生年月日:1974年9月5日
  • 年齢:48歳(2022年11月現在)
  • 出身地:宮城県泉氏(現 仙台市)

サンドウィッチマンの突っ込み担当、「伊達ちゃん」の愛称で親しまれる伊達みきおさん。

かなりの強面ですが福祉用具専門相談員の資格を持っていて、お笑い芸人になる前は福祉関係の仕事に就いていました。

所属事務所のグレープカンパニーの大将的存在でもあり、同事務所の後輩芸人に芸名を授けることも。多くの芸人から慕われる一方で、後輩芸人に少々やんちゃな悪戯をすることも多くあるそうです。

近年は、極度の高血圧ということで健康が心配される身でもあり、2021年にはステージ1の膀胱がんで内視鏡手術を行ったことを公表されています。

30年以上にわたって喫煙をされており、がんと診断された頃にもナイツの塙さんからタバコを辞めるよう進言され、しかし「やめねーし」と返していたことを明かしています。一方、医師からの忠告などにより2021年には禁煙を試みたようですが、結局禁煙に失敗したとも話されています。

「ドーナツの形は数字の0だからカロリーゼロ」といった『カロリーゼロ理論』でも知られており、同理論からアーティスト「MONKEY MAJIC」とサンドウィッチマンのコラボシングル「ウマーベラス」の発売に繋がっていますよ。

富澤たけしのプロフィール

  • 名前:富澤たけし(とみざわたけし)
  • 生年月日:1974年4月30日
  • 年齢:48歳(2022年11月現在)
  • 出身地:宮城県泉市(現 仙台市)

サンドウィッチマンのボケ担当、またネタ作り担当でもある富澤たけしさん。富澤さんの「ちょっと何言ってるのか分かんない」というフレーズは、サンドウィッチマンの代名詞的ワードとなっています。

相方同様の強面ですが、猫好き、英検2級などの一面もあります。M-1グランプリでは2015年及び2018年以降の大会で審査員を務めていますよ。

ドラマ出演も度々あり、2022年の『マイファミリー』ではレギュラー出演、最終的に富澤さんが演じた「吉乃栄太郎」が同物語で起こった事件の犯人だったことが明らかとなり、話題になりました。

ちなみにサンドウィッチマンのお二人は共に下戸ですが、飲み会には顔を出す伊達さんとは違い、富澤さんはあまり外出しないのだとか。

喫煙者であり健康に不安があるのもコンビ共通、富澤さんはヘルニア持ちで、かつ膝に水が溜まっていることも話しています。

サンドウィッチマンの魅力

①漫才、コント共高品質の実力派!

2007年のM-1グランプリで優勝、2008年のキングオブコントで準優勝の実績を誇る実力派お笑いコンビがサンドウィッチマンです。

しかし、2007年のM-1当時のサンドウィッチマンは、「エンタの神様」に数度出演していたくらいで世間からの知名度は皆無に等しい状態でした。準決勝で一度敗退し、60組以上が集う敗者復活戦の中で知名度の低かった彼らが勝ち上がった事実は、如何にサンドウィッチマンが本当に面白い漫才師だったかを示しています。

サンドウィッチマンの漫才、コントはYouTubeのグレープカンパニー公式チャンネルに多数投稿されており、そちらから楽しむことができますよ。

②芸能界随一のコンビ愛

高校の同級生で、ラグビー部で知り合ったお二人はとっても仲良し!コンビ結成して上京した1998年から、なんと10年間に渡って二人でアパートに同居していたのです。

元々はお笑い芸人を目指していた富澤さんの誘いを断って、福祉関連の会社に就職した伊達さん。しかし、その後も富澤さんは3年間に渡って伊達さんを口説き続け、コンビ結成に漕ぎつけました。

そんな経緯もあって、売れない期間に伊達さんへの負い目でコンビ解散、自殺までも考えていた富澤さんを伊達さんが必死に支え、遂にM-1優勝、ブレイクを果たすことができたのでした。

ブレイク以後は同居は解消したものの、2009年にそれぞれが結婚した後はお互いの奥様やお子様も含めた面々で出かけることもあるなど、依然その仲の良さは「芸能界屈指」と知られていますよ。

③東北への熱い地元愛

サンドウィッチマンは、珍しい東北出身の芸人です。M-1優勝前の2006年、2007年に地元仙台で単独ライブを開催した際には満員御礼、その頃から地元に愛されるお笑いコンビでした。

2008年に地元東北で冠番組「サンドのぼんやり~ぬTV」がスタート、以降2022年に至るまで番組は続いているなど、地元東北への思いは常に大事にされ続けています。

全国放送の番組でも持ち込みで東北にまつわる企画を行ったり、東北の野球チーム「東北楽天ゴールデンイーグルス」を応援していたり、東北愛を目にする機会は多いです。サンドウィッチマンは好感度が高い芸人としても知られていますが、コンビ愛、地元愛の高さを知られていることがその主要因かもしれませんね。

2011年の東日本大震災の際には、サンドウィッチマンのお二人はぼんやり~ぬTVのロケで気仙沼を訪れており、被災されています。以降は復興支援にも精力的に携われていますよ。

最後に

今回は、サンドウィッチマンのお二人について改めて紹介しました。

今や多数の冠番組を抱え、まさしく人気芸人の仲間入りを果たしているお二人。2007年のM-1グランプリでの敗者復活が無ければ今の立ち位置にいなかったかもしれないと思うと、なんだか不思議ですよね。

サンドウィッチマンの今後の活躍にも要注目です!