タレント

韓国軍によるレーダー照射問題!海外の反応まとめ!韓国政府の反応も

韓国軍,レーダー照射問題,海外の反応




韓国軍が日本の哨戒機(しょうかいき)に向けて、レーダーを照射した問題が物議を醸していますが、
海外の反応はどうなっているのでしょうか?

また、韓国政府の対応も気になります。
ということで今回は、韓国軍のレーダー照射問題の海外の反応や韓国政府の対応について
まとめていきたいと思います。
合わせて、韓国軍の反論についてもまとめたのでコチラもどうぞ!

韓国軍のレーダー照射・韓国の反論まとめ!証拠映像はコラだった?

スポンサーリンク





韓国軍のレーダー照射問題の経緯

韓国と日本の間で何が起こっているの?
と疑問に思っている方もいると思うのでまずはじめに、今回の騒動について簡単に説明したいと思います。

問題が起きたのは2018年12月20日の午後3時頃。

石川県能登半島沖を飛んでいた海上自衛隊の哨戒機に対し、
韓国軍の駆逐艦(くちくかん)がレーダーを複数回にわたって照射するという事件が起きました。

要は、韓国の軍艦が自衛隊の飛行機に対してレーザーを照射したということです。
レーザーを照射するということは、ロックオンしているということ。
つまり、今から攻撃しますよという合図なんです!

日本政府がレーダー照射があったと言っている一方、韓国政府はレーダー照射を否定。
双方の意見の食い違いによって事態がここまで大きくなってしまったのです。

日本政府「飛行機にレーダー照射されたぞ!危ないじゃないか!」
韓国政府「飛行機には向けてない。遭難船を探していただけだ」

当初はこんな感じで意見が対立し、問題は平行線のままでした。

スポンサーリンク





韓国軍のレーダー照射問題・海外の反応は?

韓国軍のレーダー照射問題の海外の反応を紹介していきたいと思います。
コメントの中には、韓国政府が意図的な照射だとコメントする人や、日本に対し謝罪をする韓国人も見られました。

「火器管制レーダーは普通のレーダーじゃない。交戦状態にあるときに使われる物なんだ。
今回の件がミスやエラーだなんて事はあり得ない」

「韓国側は意図的にレーダーを照射してるね。実際にミサイルを発射する気がなかったとしても、
ヒューマンエラーはいつだって起こり得るんだ。重大事件の発生理由は得てしてそういうものなんだよ。」

「韓国の誤った行為に対して、母国に代わって謝罪します。日本と韓国の間でこんな事は起きてはいけない。
韓国人として日本とは良い関係を築いて欲しいし、韓国にもそう考えてる人が大勢います。
日本の友人の皆さん、本当に申し訳ありませんでした。」

「これは僕らなりの「メリークリスマス」のつもりだったんだよ。」

「日本はこういう事を軍拡の口実にするつもりなんだろうな。」

「まぁ機械的な不具合なのかなぁ。
新しい技術を使う時には起こり得ることではあるよ。」

「かなり危険なシチュエーションだよねこれ。日本の哨戒機の警告アラームは作動してたんだ。
パイロットは自分が狙われてる事が分かってるわけで、間違いなく相当な恐怖を覚えたはずだよ。」

などなど、色々な反応がありますね。

スポンサーリンク





韓国軍のレーダー照射問題・アメリカの反応は?

この騒動に関して、アメリカ側は公式的にはコメントしていませんが、
ある軍事関係者が日本の取材に対し、コメントを残しました。

この軍事関係者は、日本の自衛隊を擁護しながら、なぜ日本はもっと怒らないのか?
と発言しました。

以下がコメント内容です。

「当事国ではないので黙っているが、内心は『韓国軍は何てひどいことをしたのか』『非常識だ』と思っている。火器管制用レーダーの照射は、戦争の引き金となりかねない危険な行為だ。訓練ならともかく、予告なしの照射はあり得ない。今回の件は、世界の軍関係者が『韓国が悪い。日本は悪くない』と理解している。日本はもっと怒るべきだ」

引用元:夕刊フジ

直接的には関係ありませんが、やはりアメリカも日韓の関係が気になるようです。
ちなみに韓国軍がアメリカ軍の航空機にレーダー照射をしていた場合、アメリカ軍から即反撃されていた
との意見もあります。

スポンサーリンク





韓国軍のレーダー照射問題・韓国政府の反応は?

韓国の反応①遭難船を探していた

海上自衛隊がレーダーを照射されたと言っていますが、韓国政府の反応は
このような反応でした。

韓国政府「北朝鮮の遭難船を捜索していた。その時、自衛隊の哨戒機が低空飛行で近づいてきた。」

「その際、レーダーに付いている光学カメラを向けてが、レーダー照射はしていない。」
と、海上自衛隊機にはレーダーを照射していないと否定しました。

韓国の反応②無線に応じなかった理由

海上自衛隊機がレーザー照射を受けると、無線で韓国軍に問い合わせました。

自衛隊「レーダー照射を確認しました。そちらの意図はなんですか?」
と、問い合わせ。

しかし、韓国軍からの応答はありませんでした。
韓国軍の言い分はこうです。

韓国政府「無線の電波が弱い上、雑音がひどく聞き取れなかった。
唯一「コリア・コースト(韓国海洋警察)」と聞こえたが、他の船が応援要請しているのかと思っていた」

と説明。
これに対し日本政府は、哨戒機はコリア・コーストと発言した事実はない。低空飛行もしていない。
と説明しました。

あまりに意見が食い違うので日本政府はとうとう証拠を公開。

今後も日本政府は証拠を出していくとのこと。
日韓関係の溝が深まる中、韓国政府はどのような対応をしますのでしょうか?
今後の報道に注目ですね!

スポンサーリンク